ゼナック ミュートス

愛用のゼナックのロッド

現在、ライトゲームからエギング、ロックショア、オフショアまでメインで使っているのがゼナックロッドです。今の私にとって無くてはならないメーカーです。

ゼナックとの出会い

ミュートスが始まり

今となってはどのようなきっかけでゼナックを知ったのか思い出せませんが、多分、自社一貫生産のメーカーを探していたのだと思います。ゼナックのロッドに対する考えや理論、姿勢に共感しミュートス アウトレンジ105のRGガイドを注文したのが最初です。

ゼナック ミュートス アウトレンジ 105 RGガイド

信頼して曲げ込める

現物を触らずに高額なロッドを購入したわけですが、まさに求めていたロッドでした。

よく曲がり、粘り、安心してルアーのウエイトをロッドに乗せられる。使っているだけでも楽しいロッドに出会いました。これ以降、ゼナックの魔の手にやられていき、気が付けばジャンルごとに何本…。

ここに登場していないロッドがまだ多数あります。

ミュートスシリーズ

ゼナックの中でもミュートスは5本所有しており、使用頻度が高く愛用しているのがMid Game93です。パワーもありながら、ティップは繊細、ショートレングスの軽快な操作性に加え、TGベイトやマヒボックスの飛距離は凄まじく圧巻です。

継ぎも変則2ピースとなっており、仕舞寸法は大きくなってしまいますがセンターカットではないので、1ピースのような綺麗なカーブを描きます。

近年、昔のモデルがじわじわと生産終了していましたが、ついにMid Game93も製造終了のアナウンスがありました…。スペックよりも下回る10gを切るTDペンシルから60gのメタルジグまで快適にキャスティングできる最高のロッドです。

ゼナック  ミュートス アキュラ100HとMid Game93

ソニオのショートレングスを開発しているらしいので、もしかしたら同じレングス帯のMid Gameも入れ替わるのかなとは思っていましたがやはり。年々、愛用のロッドがどんどん製造終了になっています。

デザインはシンプル・半永久保証

ゼナック ミュートス アキュラ 100H

ツララは華やかなロッドデザインとロゴですが、逆にゼナックはシンプルの一言。ミュートスのピアノブラックは美しい!ただ、ゼナックは製造終了になっても半永久保証を謳っており、破損しても修理してもらえるので安心して使い続ける事が出来ます。

しかし、半永久保証と言っても廃盤になったロッドに関しては製造終了後3年以降で部品が無くなった場合、修理ができなくなる可能性があるそうです。

アストラはバンブーワークとして残っていれば、しばらくは大丈夫な気がしますが、フォキートウィッピーなどはちょっと心配です。どちらも長い間ラインナップされていたロッドなのでカーボンシートも古くから存在しているものだと思われます。

ガイドは代用できてもカーボンシートまでは製造会社が廃盤にしたり、ゼナックに在庫が無くなればもう仕入れないと思いますのでその時は修理も出来なくなってしまうと思います。

修理

カンナがガイドに引っかかったタイミングで運悪くリールを巻いてしまい、ガイドを曲げてしまったことがあります。私自身、しごき塗装からスレッド巻き、エポキシコーティングまで出来ますが、プロに任せられるものはお願いするスタンスですので、ゼナックに修理をお願いしました。スレッドも色の選定が難しく、一箇所異なっては変ですしね。

フェルールワックスを使用しているので釣りの最中に緩むことはほとんどありませんが、一緒にコミ調整もお願いした所、ばっちりきまって戻ってきました。末長く使う為にも調整も兼ねてお願いするのも良いと思います。

保証書について

よくオークションで保証書があるかどうか気にされている方が多くいますが、仮に付属していなくても、ゼナックにどのように購入したかを連絡すれば新たな保証番号を発行してくれます。逆に保証書があっても前オーナーがその番号で登録してしまっているとその保証番号は引き継がれず、再発行となるので気にしても意味がありません。

ミュートスの保証書をオークションで売っている人を見かけますが騙されないでください。

あわせて読みたい記事

ロックショアに行きたくとも手の状態が悪く、道具の入れ替えを色々しておりました。ロックフィッシュ用ベイトタックル選び長尺ベイトロッドは少ない一番、迷走したのがライトゲームタックル、その次がロックフィッシュタックルで[…]

コローナ106とアンタレスDC MD

RGガイドシステム

全てRGガイドを選択

ゼナックを愛用するきっかけにもなったRGガイドシステムです。選択できない機種を除いて、私は全てRGガイドを選んでいます。

ガイドの数や径の大きさについては人それぞれ、考え方があるので肯定も否定もしませんが、実際にライントラブルは皆無ですし、飛距離についても落ちる実感はありません。

RGガイドに興味がある人は多いかもしれませんが、なかなか手にしにくく、ロッド自体も店頭で振っただけでは分かりにくい。硬い印象があっても実際には粘りがあるのでルアーを垂らして、使ってみると快適だったりします。

結局、自分が実際に使って体感しないと良さが分からないのが難しいところです。

ゼナックオリジナルRGガイド

特にゼナックオリジナルのRGガイドが搭載されているロッドにおけるキャストフィールは一度体感したら他は使えなくなるほどです。ミュートスシリーズのRGガイド使用者は多いかと思いますが、私はライトゲームのアストラもRGガイドのモデルを使用しています。

アストラの発売年は結構昔になりますが、当時のチューブラーであのブランクス、銘竿だと思っていますが、なかなか目にする機会は少なく、購入の選択肢には入りにくいのが残念なところ。そのアストラも生産が終了してしまいました。(バンブーワークを除く)

現状は3機種のみに

このオリジナル小口径RGガイドが選択できるロッドは残念ながら下記3機種のみになってしまいました。

プレジールアンサー、スナイプ、バンブーワーク(2021年現在)

現状では残念ながらエギングからも撤退してしまいましたが、開発中らしい新ガイドで復活して欲しい限りです。

ゼナック ミュートス アキュラ 100H RVガイド

現在では入手困難なミュートスアキュラですが、ここまで希少品になるとは思ってもいませんでした。

ゼナックのロッドを購入するには

ミュートスシリーズは受注数早い者勝ちにクレームが多かったのか抽選方式に変わりました。私がミュートス アキュラを購入した頃はまだ、いつでも発注が可能で3ヶ月〜遅くても半年くらい待てば届いていましたが、今はそう簡単にはいきません。

ミュートス ソニオは珍しくプロモーションに力を入れていた印象があり、その時期から人気が急加速した感じではありますが、ここ最近のゼナック全般で言えることはミュートスに限らず、どのロッドも売り切れが目立ち、納期もだいぶ先になるという事。

ひどいと来シーズンにも間に合うの?っていうのもあり、すぐに欲しい人は中古で買うしか方法がありません。

しかも、多くが転売ヤーであり、絶対にそこからは買いたくありません。しかし、これだけ、納期が先だと転売したくなる気持ちも分からなくもありませんが…。負けてはいけません。

店頭在庫が不可

2022年現在、ゼナックのロッドは店頭在庫として商品を仕入れることは出来なくなっています。それはイコール実物のロッドを触れないという事を意味します。

既に所有していたり知り合いが持っている、そしてある程度ゼナックの特徴を知っている人はそのまま予約すれば良いですが、価格も高いが故にまずは実物を触って確認したい、これから使ってみたいと思っている方には厳しく、残念な状況であります。

今現在、店頭にあるロッドはこの決まりが出来る前に仕入れたロッドだと思いますのでそれが売れてしまえば、もう店頭で実物を触る事はできません。それ以降に発売された最新のロッドは直接見る事すら出来ません。

供給が全く追いついていない、その事から転売が増えてしまった。これが理由かと思います。釣具店からの受注にしてもキャンセルや転売に関してはかなり締め付けが厳しいと聞きます。

発注すら厳しい状況

2022年9月、オーダーの受付が始まったので翌日の2日朝に覗いてみたら、ほとんどが既に売り切れのようです。もちろん、大手メーカーのような本数を作れないのは仕方ないとしても、いくらなんでもこれは酷すぎる状況。

次のオーダー再開は半年後なのでもう一生ロッドを手にすることは難しいのではとさえ思ってしまいます。

たまたま、忙しかったりしてたった半日くらい出遅れただけで、もう注文すらさせてもらえない。ミュートス同様に全て抽選にするべきだと思います。ほんの数年前までは普通に注文できたのに、どうしてこんなにもなってしまったのか…?

ゼナックはルアーウエイトの幅が広いものは普通にあったので個人的にはソニオが凄いとはそこまで感じていませんが、そんなにもソニオの影響力が大きかったのか私には分かりません。でも、ソニオが出た頃からメーカー全体的に品薄になり始めて、転売が増えてきたと感じます。

現時点で、欲しいロッドはありませんが、ユーザーとしてなんだか悲しい思いです。

過去にあったサービス

数年前まではコンファームサービスと言って、ロッドを3本まで取り寄せ、実際に手に取って吟味できる画期的なサービスがありました。

購入に至らない場合は返送の送料を負担することになっていましたが、1本でも購入をすれば無料だったと記憶しています。私は結局、このサービスを使わないまま終了となってしまいましたが、身近に在庫がなく手にすることができないユーザーにとってはありがたいものでした。

ルーフ工房(ROUF)というのもあり、いわゆるオリジナル仕様に改造してもらえるサービスでした。スピニングしか存在しないロッドでもベイトロッドに変更できたり、ルーフチューンガイド仕様にしてもらったり、とても融通が利くものでした。

ガホウジン、アストラ、ウィッピー、ダンパー、Jaffa….

ゼナックは他社にはないような独創的なロッドが魅力でしたが、ここ数年でどれもこれも廃盤になっていき、残念ながら大手メーカーにあるような無難なラインナップになってしまいました。しかも、ほとんど在庫がなく手にすることも難しい…。

ガホウジンやアストラは一般受けしにくいですし、経営的には廃盤にせざるおえないのだと思いますが、やっぱり悲しいです。ガホウジンとアストラの後継機種が出ない限りもうロッドを買うことはないと思います。

結局、ゼナックのロッドは気付けば20本近く所有しています。数年おきにあった完全受注のジャッファオレンジのロッドも2014年を最後に行われていません。また、わくわくするような魅力的なロッドが出ることを楽しみにしています。

あわせて読みたい記事

一ヶ月以上続いている、連日の残業と昨年からの腱鞘炎によって釣りに行く機会が減ってしまっているのですが、やっぱり釣り納めはしたい。行ける日はここしか無い。という事で2020年の釣り納めに行ってきました。久しぶりの釣り釣り納めは[…]

サーフのアオリイカ