サーフランガンでやっとのアオリイカ

西湘サーフ ランガンエギング

先日、疲れた体に鞭を打ち、いくつか試したい事があったので西湘サーフエギングへ行ってきました。

初マグキャスト

予報とにらめっこしながら釣り場へ行くと、予報よりは波も高くなく、いつもの私にとっては奇跡のベタ凪な感じ。とりあえず、飛距離を売りにしているマグキャストをフルキャスト!

視力が落ち、着水点がいまいち分からず、夜なのでどれくらい飛んでいるか全く検討がつかない…。

滞空時間は長いような?巻取りもいつもより多いような?気もする。 いつものエギ王 Liveサーチを同じようにフルキャストしてみるとマグキャストと比べて、若干飛距離が落ちているような雰囲気ではある?感覚だけ…。

デイエギングを数年やっていないので昼間もやらないといけませんね…。 周辺漁港は満員御礼!広大なサーフは2〜3人、見かけただけでほぼ貸し切りです。フルキャストが気持ち良い!

道路から見るだけで疑問だったポイントへ

いつものコースを細かく探っていくも無反応。そして、毎回、疑問に思っていたポイントへ差し掛かり、フルキャスト。

エギが持っていかれた!

固めのガホウジンがギュイーン、ギュイーンしています!

フルキャスト後の一発目なのでファイトが長く楽しいですが、後半はイカさんもお疲れになってしまいました。サーフエギングは波が高いと波打ち際でバラす確率が増えてしまいますが、最後までの緊張感がまた魅力で楽しいのです。

サーフランガンでやっとのアオリイカ

今年は小型が多い中、嬉しい590g

その後は反応なく、サーフで辛い帰路につくのでした…。

サーフでのエギング

カラーは前回の記事で書いた通り、リアクションバイトした松葉模様

そして、ずっと疑問に思っていたポイントにもイカがいるという事が分かったのが最大の収穫です。これでランガンする距離が広くなってしまったのも嬉しいような辛いような。毎回、往復8kmくらいありますから。

お手軽に漁港ランガン派の人がサーフへ来ない理由は、ポイントが絞れなかったりウェーダーを履かないと釣りがやり難かったりと面倒な点が多いからなのかもしれませんが、釣れなくても私はこちらを選んでしまいます。

本日のタックル

  • ロッド:ゼナック ガホウジン 80パラボリック TZ
  • リール:シマノ ステラ C3000
  • ライン:よつあみ G-soul X8 UPGRADE 0.6号
  • リーダー:シーガー RealFX 2号
  • エギ:デュエル マグキャスト3.5号